年末に浄化された話。

お久しぶりの更新。クリパが終わり、ドームが終わり、アリーナツアーも中盤。

感想書きたかったんですけど、テスト期間やら就活始まったやらで今に至ります。

 

あ、ちょうど3ヶ月前ですね。WEST初めてのドームコンサート。ずーっと実感なくて。会場の中入ってもあぁドーム広いなぁペンライト持ちにくいなぁなんてぼーっとしてて。開演の合図、ふっと照明が消える。ファンの歓声。一気に感情が込み上げてきた。重岡くんがメインの、ドームコンサート。長いようで一瞬だった。とにかく色んな感情。まずスクリーンに映ったのは淳太で。ぶわっと涙がでてきた。重岡くんじゃないのに(笑)そこからぐずぐず泣いてた。重岡くんがドームに立ってるのが嬉しくて嬉しくて。ジュニアがわらわら出てきてからはスッと涙引いて、メンバーのチェック(笑)私も彼らと同じ松竹からのドームコースだったんですけど、本当にお疲れ様でした。何曲かして一旦みんなステージから消えて、昔の頃の映像が流れる。そしてメインステージにBADが現れるんですよねー。まじか、これはあかんやつやと。7WEST来るやないかと。アメフリとその後のステゴに感動しつつドキドキがとまらない。24日の席は中央ブロックだったんです。ほぼ真正面からステージが見えるんですね。ステゴの終盤バクステに人影。4人が肩寄せ合ってにこにこ待ってるんですよ。これは泣いた。本当に泣いた。スポットライトに照らされた4人の笑顔が今でも忘れられない。ずっとずっと見たかった姿。ずっとずっと、7WESTに会いたかった。7WESTやBAD、(BOYS)に執着してた地縛霊たちは、ドームで根こそぎ浄化されたのでは(笑)ドーム公演後、どこかのラジオで「もうジュニアの頃の曲はやらない。わからないファンもいると思うから。」って言ってた。それでいい。今のジャニーズWESTを見せるなら、今のジャニーズWESTの曲をやるべきだと思うから。何はともあれ、最高のドームコンサートだった。

 

さて、私事ではありますが、ドームコンサートをもって重岡くんから担降り…はしませんが、ジャニーズWESTの応援を少し控えることにした。つまりは、箱で推してるのは関西ジュニア>ジャニーズWESTってことかな。相変わらず重岡くんは私の中でナンバーワンです。ジャニーズ応援する中で、核(?)は重岡くんであることに変わりはないです。たぶんこれからもずっと。もともと7WESTにいる重岡くんを好きになって、そして重岡くんはジャニーズWESTになったわけですが。ジャニーズWEST自体の魅力が薄れてきた、同時に関西ジュニアのキラキラが増していった、というのがデビューから数年経った今の印象。慣れなのか何なのか、どうしても「こなしてる」って思うことが多くなった。決して手を抜いてるとは言えないけど。まあ、「WESTやめて関西ジュニアをメインに応援することにした。でも重岡くんが一番」て友達に言っても、もともと松竹座行きまくってるやん、何が変わるねんとつっこまれる始末ですが(笑)単純に気持ちの問題です。ただ、気持ちを整理するだけで、随分オタクライフが変わりました。例えば、昼夜公演あるならどっちも入るのが私のスタンスだったんですけど、WEST横アリは4公演しか入らなかった。(まあそれでも多い)レポもほとんど見なくなったし、(だから名古屋で晴ちゃん達いなくてあせった。えっ?地方はファンキーだけなのか??って)、テレビもテキトーになった。まあここ数ヶ月そうだったけど(爆)今年はのんびりオタ活を楽しもうと思います。とりあえず重岡くん新しい仕事待ってる!!!