関西担がまんまと東京B少年にハマった話。

久しぶりにブログを書いてみる。気付けば夏。就活もはるか昔のことのように思える。おそらく卒論に取り掛からねばならないけど、まだ夏だから大丈夫(ではない)。

 

さて、ジュニア界隈で人気沸騰中の東京B少年。f:id:pmpmprrn:20170805014726j:image例に漏れず、私も絶賛沼にハマってしまった。きっかけはジャニーズ大運動会(なつかし)で、野球の表裏交代の時に歌うちびジュタイム。白組のベンチでポツンと一人で座ってるのにやたらバルーンの動きが激しい藤井直樹くんに目を引かれた。そこかよって。藤井くんといえば、去年のサマパラの勝利くん公演に出てたあの"藤井くん"らしい。「へ〜この3人(藤井なすりゅ)がジュニアの推されなのね」と関西担の私は適当に流していた。そうかあの子達がB少年だったのか。

 

まあそんなこんなで一気に私の生きる希望達の仲間入りを果たしたB少年なんだけども、根っからの関西担、東京キライの私がなぜハマったのか考えてみる。

 

圧倒的顔面偏差値

まずコレだろう。Mステで歌ったときのオープニング、カメラがズラーーーッとメンバーの顔を映すのだが、どこを見ても顔が綺麗。私イチオシの藤井くんはブサカワなんだけど、笑った顔がso cute。とにかくグループ名のBがBeautifulのBなだけある。どうかこのまま育って欲しい。

 

青春は戻らないらしい

いや平野かよ!!!B少年は全員学生である。確か上が高2で下が中2。アイドルの何が魅力って、自分に無いものを持っている(美貌とかキラキラとか)から惹かれると私は思ってる。彼らはアイドルでもありつつ現役の中高生なわけで、雑誌でも学校の話をバンバン出してくる。はるか昔のかすかな青春を思い出すようで眩しい。そんな訳でもうすぐ社会人の私にはとてもキラキラしたものに見えるのだ。どうでもいいけど、お肌にポツポツができてるのを見て思春期かよ可愛いかよってなってる。ほんとにどうでもいい。

 

シンメ売りがひどい(褒め言葉)

6人になってからのB少年のパフォーマンスはほぼシンメ×3の組み合わせが多い。ちなみに藤井くんは最年少の金指くんとシンメなわけだけども、この2人がとてつもなく可愛い。お兄ちゃんな藤井くんエピソードをふんだんに提供してくれる金指くんは中2にしてオタクの心を分かっている。末恐ろしい。多分金指くんはあっという間に藤井くんの身長を抜くだろうし、藤井くんを小ちゃい呼ばわりする未来が既に見える。おそらくというか絶対藤井金指コンビよりも人気ななすりゅコンビ。ジャニーさんから言われたからなのか心からの愛なのか、多分どっちもだけど、那須くんはバカの一つ覚え(失礼)みたいに口を開けば龍我の話しかしない。もうなんか全身から過保護感が溢れ出てる。那須くんからの愛が異常なのかと思いきや、龍我もなすりゅエピソードをぶっ込んでくるからこのコンビこゎぃ。。。そして公式ではないらしい(?)うきなすコンビ。はいびはいびどりーむ(これ何て略せばいいんや)ではうきなすだったんだけど、すごくバランスいいな〜なんて思った。話は逸れるがこの龍我ちゃん圧倒的にかわいすぎる。

f:id:pmpmprrn:20170805002459j:image

話を戻す。私は6人とも割とセンターをはれる人たちだと思ってるけど、偶数にするとセンターって作りづらい。事務所がなすりゅを推したいのか金指くんを推したいのか知らんけど、うきしょくんと大昇を両端に置いてて、うきしょレベルのジュニアを端に置くのかーなんて逸材の多いグループなんだとたまーに思う。完全に個人的主観。まあとりあえず事務所のシンメ売りにオタク達はまんまとやられてるし、メンバーからのシンメ情報にもやられてる。

 

需要と供給の一致

関西担に限ったことではないが、現場のある月とない月がある。関西担でいうと、松竹オフ期間中はほぼメンバーの顔が拝めない。まいじゃにや雑誌でしか供給されるものがないのだ。ところがどっこい(?)東京ジュニアは月1で少年倶楽部で顔を拝める。大売り出し中のB少年達はそれに加えてKINGステーションというスーパー茶番組で毎週見られるのだ!雑誌の露出も多いし、毎週何かしらの媒体で見ることができる。嗚呼素晴らしい世界!

 

フレッシュ過ぎる

キントレを見てのいちばんの感想。MCがすんばらしく下手くそ。全く話が進まない。度々沈黙の時間が流れる。喋り出しが被る。普段ほぼコントなMCに耳が慣れている関西担には衝撃だった。結論からいうと、そこがまたB少年の魅力なのだ。結局かよ。

 

凄まじいスピードの成長

まだまだフレッシュな面も多いが、成長のスピードが尋常じゃない。佐藤龍我の足は見るたびに伸び続けてる。お遊戯会(失礼)にしか見えなかったダンスも、ちゃんと魅せるパフォーマンスに変わってきてるというか。どんどんカッコよくなってる。ちょっと背伸びした大人っぽさ出そうとしてるのもまたカワイイ。まとめると母性が止まらネェ!!!!!(cv藤井)B少年て成長してもB少年なのかな…。B青年とかになるんだろうか…。ハタチ過ぎたジュニアが少年たち出てるからB少年で問題な(略)

 

めっちゃアイドル

結論これに尽きるのかもしれない。キラキラアイドルだった7WESTに似た雰囲気を感じてる。関西にも東京にもたくさんジュニアがいてたくさんのグループがあって、アクロバットだったりバンドだったりダンスだったり、それぞれ個性があるんだけど、ガッツリ"キラキラアイドル"を全面的に出してるのって今は東京B少年だけなのかもしれない。彼らにまだ個性や強みがあまりないからこそアイドルで勝負してるのかもしれないし、アイドルだからB少年に選ばれたのかもしれない。私が勝手に理想のアイドルだった7WESTを彼らに重ねてるのかもしれない。ただ確実に言えるのは、私にとって7WESTぶりの理想のアイドルグループに出会えた。

 

つらつらと2000字もつまらん文章を書いてしまった。B少年を応援するようになって、初めてEXシアターへ行った。何というか、オタクを始めた頃のドキドキやワクワクを今改めて感じてる。今までのオタ活はもちろん義務的なものじゃなくて、行きたいから行く、通うスタイルだったけども、今とてもオタクが楽しい。

 

テレビジョンカラーズでメンバー達が話してたけど、これからグループチェンジだったりメンバーチェンジだったりがあるかもしれないことを理解して、それでもここで頑張ろうとしている。まだ中学生高校生なのにすごく強くてすごくカッコいいなあなんて思う。多分今までもこれからも辛いことなんて山ほどあるだろうし、B少年がB少年じゃなくなるかもしれないけど、私は今の東京B少年が大好きだし、これからも彼らを応援したい。

 

あ〜〜オタク楽しい〜〜!!!